知って得する着物買取術

初めての方でも高く着物を売るポイント

指先揃えるしぐさと着物買取について

現代は非常にレトロブーム、アンティークブームと言えます。若い人の間で京都や鎌倉、金沢などの町屋や古民家が人気になっています。昔の木造建築は木のぬくもりを感じ、ほっと落ち着く感じが人気です。

また現代建築には見られない格子や襖、障子などが若い人にとっては非常に新鮮で、新しさを感じるとも言われています。また畳敷きの部屋はリラクゼーション効果が高く、布団を敷くことでいぐさの臭いを感じ深い眠りにつけるといわれています。

こうしたことが若者には新鮮で、再び昔ながらの家屋が注目されています。 またこうした古民家や町屋はカフェや雑貨店などに活用され、非常にオシャレな印象を醸し出しています。

こうしたレトロブームの流れを汲み、装いも着物が若い人の間で注目されるようになっています。生まれた頃から洋服文化しか知らない若い世代にとって、着物は不思議な魅力を感じます。特に着物姿の女性を見ると、可憐で清楚、大和撫子を想起させ非常に魅力的です。

そのため着物にチャレンジしようと着物買取業者が経営するアンティーク着物ショップなどを訪れ、安く着物を購入していく若い女性も増えています。

着物買取業者が経営するアンティーク着物ショップでは草履や下駄、バック、足袋なども品揃えされています。また簪やウィッグなども一緒に購入することができます。初心者で何を揃えてよいのか分からない人は着物買取業者のショップの人に積極的に質問し教えてもらうと良いでしょう。

着物買取業者のショップ店員は元呉服商の人も多く、自分に最も似合う着物のコーディネートなども行ってくれます。着物買取業者のショップ店員は、着物美人になれる着付けの仕方や所作やしぐさなども教えてくれます。

着物美人になるには綺麗に着物を着付けることももちろんのこと、しぐさや所作も非常に重要になります。着物を着たときは帯前で指先を揃えて手を重ねて佇むと、非常に可憐で大和撫子な雰囲気をかもし出すことができます。

またバッグをもつ時も指先を揃えるのが鉄則で、両手の指先でそっと軽く持ち手を持つのが良いとされています。着物を着たときは、洋服を着たときの半分程度の動作を心がけるのがちょうど良いと言えます。歩くときも洋服のときよりも半歩小幅で内股ぎみに、そろりそろりと歩くのが美しいとされています。

最も参考になるのが日本舞踊の動きだと言えます。動きは緩やかで、指先まで神経を使い上品に振舞うと、誰が見ても着物美人だと称えることでしょう。

Menu

reccomend

上布(じょうふ)
上布(じょうふ)
上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などの産地があります。 細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品として知られています。

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。 紬よりざっくりした風合いは民芸的な雰囲気で、福岡県の久留米絣(くるめがすり)、鳥取県の弓ケ浜絣(ゆみがはまがすり)、岡山県の作州絣(さくしゅうがすり)、愛媛県の伊予絣(いよがすり)などが有名で、藍染めに白の絣がとても魅力的な着物です。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。 浴衣は、中型の型紙を用いて藍染めしたことから別名、「中型」ともよばれます。