知って得する着物買取術

初めての方でも高く着物を売るポイント

高値が付くポイント

ほとんどの家庭のタンスに着られることのない着物がいくつかあるのではないでしょうか。独身時代に着ていた振袖が結婚を機会に着れなくなったとか、若いころの着物が派手に見えるようになって着れなくなったなど理由はいくらでもあると思います。母親や祖母から譲ってもらった着物も自分では着ないけど勿体無いと思われている人もいるでしょう。今の日本はほとんど日常は洋装化していて着物を着る機会がめっきり減ってしまいました。しかしその着物を愛してやまない人たちが最近増えてきています。着物を自由な発想で着こなす若者や日本的なものにエキゾチックを感じる外国人たちです。そのためいま古着着物業界は大変活況を呈していて、今手持ちの着物を売ると有利だと思います。

着物を高く売るには査定時に高い評価を受ける必要があります。査定担当者みる高値が付くポイントはまず評価の高い作家の物、証紙付きので伝統工芸品と認められた物、市場で流行している物、そしてなにより状態の良い物です。どんなに有名な作家の作品や流行りの着物でも、シミだらけ虫食いだらけでは買取を拒否されてしまいますので注意して下さい。どのな良いものでも日頃の保管と手入れの仕方が肝心なのです。逆に言うと正しい保管方法で状態が良ければ高く売れる可能性があるということです。着物を売り行くときは和装品専門の着物買取業者を選びましょう。

一山いくらで買い取る古着業者やリサイクルショップでは着物本来の価値よりも低く査定されて買い叩かれてしまう恐れがあります。新聞折込チラシにたまに着物買取専門業者の広告が入ることがありますが、お手軽なのがインターネットの着物買取サイトの利用でしょう。着物買取サイトなら多くのお店で24時間受付をしていて、無料で査定、着物をお店に送る時にかかる送料も無料にしています。もし仮に買取が不成立になったら無料で着物を送り返してくれます。査定繰り返し結果を比較してより高い買取をめざしましょう。

サイトには詳しい高価買取のポイントを公開している所もあり、有名着物作家の名前リストがあるサイトもありますから是非参考にしましょう。買取が成立した後に、もしまた着物を着たくなったら着物買取サイトでは古着着物の販売も行ってていますので利用してみましょう。新品よりも安値で着物、帯、帯留など一式揃えることができて、着物のバリエーションも広がり様々な着こなしを楽しめるようになります。短期間に売買をすれば手間のかかる保管をする必要がないので着物の痛みが少なくて着物買取に不利になることは少ないでしょう。みなさんも着物買取のポイントを理解して高値買取を目指してください。

Menu

reccomend

上布(じょうふ)
上布(じょうふ)
上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などの産地があります。 細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品として知られています。

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。 紬よりざっくりした風合いは民芸的な雰囲気で、福岡県の久留米絣(くるめがすり)、鳥取県の弓ケ浜絣(ゆみがはまがすり)、岡山県の作州絣(さくしゅうがすり)、愛媛県の伊予絣(いよがすり)などが有名で、藍染めに白の絣がとても魅力的な着物です。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。 浴衣は、中型の型紙を用いて藍染めしたことから別名、「中型」ともよばれます。