知って得する着物買取術

初めての方でも高く着物を売るポイント

買い取りまでの流れ

着物には思い出がたくさん詰まってることが多くなかなか手放せないものの一つですが、着用頻度の少なくなったものをいつまでも保管していると収納スペースを取られてしまいます。最近では一部の人しか着る機会はなくなってはいますが、逆に需要はありますので着物買取を利用してみるのが良い方法です。着物買取と言っても、そもそも呉服店が少なくなっていることから、どこに買い取りをしてもらえばよいか分からないものです。着物は高価なものが多いため、現在では購入したくてもできないと言う人が増えています。昔ながらの呉服店でも、最近では中古の着物扱っているところが増えており、買い取りが当たり前のようになってきています。

着物に関しては専門的な知識も必要になりますので、呉服店に買い取りをしてもらえることで適正な価格が提示されますし、思い出の品も安心して売却することができるのです。着物買い取りまでの流れには、買取を行う呉服店によって異なる場合がありますので、事前に買い取りまでの流れを確認しておく必要があります。一般的な買い取り方法には、店頭での買い取りの他、直接担当者が訪問する出張買い取りと、宅配便や郵送による買い取りがあります。どの場合でもほとんど差はありませんので、自分の都合に合わせて利用することができます。着物買取の方法では、担当者が直接訪問する出張買い取りと、売却する側から郵送や宅配便で送ることによる買い取りの方法があります。

出張買い取りの買い取りまでの流れには、連絡を取る際に電話による場合とメールによる場合があります。どちらの場合でも、住所や電話番号などの個人情報や、売却する着物の点数、商品の特徴などを知らせる必要があります。また出張買い取りか郵送での買い取りかを選ぶ必要がありますので、申込時には忘れずに伝える必要があります。通常では出張買い取りの方が安心できると感じますが、日取りの調整する必要がありますので、忙しい人の場合では郵送による買い取りの方が都合が良いと言えます。着物買取のシステムは呉服店など店舗によって異なる場合がありますので、ホームページなどから事前に確認しておくことも大切です。

特に郵送の場合には送料の取り扱いがどうなっているかと言う点は、売却する点数が多くなれば負担も大きくなりますので、発送側の負担か買取店の負担かも確認する必要があります。また郵送での買取では、買い取り価格に納得できない場合の対応についても確認しておくことが大切です。売却する着物の数が多い場合でも、自分で買取店まで持って行ける場合には、店頭での着物買取が最も良いと言えます。

Menu

reccomend

上布(じょうふ)
上布(じょうふ)
上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などの産地があります。 細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品として知られています。

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。 紬よりざっくりした風合いは民芸的な雰囲気で、福岡県の久留米絣(くるめがすり)、鳥取県の弓ケ浜絣(ゆみがはまがすり)、岡山県の作州絣(さくしゅうがすり)、愛媛県の伊予絣(いよがすり)などが有名で、藍染めに白の絣がとても魅力的な着物です。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。 浴衣は、中型の型紙を用いて藍染めしたことから別名、「中型」ともよばれます。