知って得する着物買取術

初めての方でも高く着物を売るポイント

知って得する着物買取術

サイズが合わなくなってしまったり、着る機会がなくなって長い間袖を通していない着物があったら、着物買取業者を利用することをおすすめします。買い取りに関する情報は、インターネットで検索すればたくさん出てきます。すぐに買取業者を利用するよりも、まずは着物紹介サイトじっくりと、知って得する着物買取術を学び、最適な条件の業者を選んで買い取ってもらうことをおすすめします。買取業者によって買い取りの査定額に差が出てきます。元々高価な着物は、たとえ一割の違いであっても、買取価格がかなり違ってくるので、買取査定を申し込む際には業者の扱っている商品や条件などをよく調べることが大切です。

若い人たちが日本の伝統的な着物文化を見直すトレンドがあり、高い商品は買いづらいけれど中古なら、という方が増えていて、現在、中古の市場は在庫不足になっているところも多くなっています。通常よりも高い買い取りが期待できるので、売却を考えているのなら、今がチャンスです。長い間、着る機会がない状態だと、コンディションを維持するのは簡単ではありません、クリーニングや保管に関するコストも安くはないので、着る機会がないな、サイズが合わなくなっているなと思っている方は、思い切って買い取りを検討することをおすすめします。

同じような買取業者でも、取り扱う商品は違います。高級なものを多く取り扱うところに、ノーブランドの着物を持ち込んでも、あまり良い査定は期待できないものです。逆に高級な商品を一般的な商品を、取り扱う業者に持ち込んでも、良い査定は期待できないのは当然です。業者が扱っている商品を知ることから始めます。シミが出来てしまったり、変色が出てしまっているもの、何十年も前に仕立てた着物、帯やその他の装飾品などもまとめて取り扱う業者もあります。自分の持っているものはさすがに、商品価値はないだろうと、自分で判断してしまわずに、売れたらラッキーぐらいの気持ちで、査定を受けてみることをおすすめします。

意外に高額査定を受けることも多いので、気楽に買取査定を申し込むことをおすすめします。紋付きの着物でも、流行遅れの柄や色でも、これはさすがに誰も買わないだろうというものでも、海外にも販路を持っている業者なら、日本とはまた別のトレンドがあるので、十分に商品価値が生まれるのです。着物は海外でも人気が高く、中古の市場は海外まで広がっています。日本とは違う感覚で、ファッションとして取り入れる文化が海外にもあります。着なくなってしまった着物が、海外で日本文化の発展に役立つのは素敵なことだと思います。

What's New

2016/02/24
指先揃えるしぐさと着物買取についてを更新しました

2015/10/15
着物買取後、振袖を買い直し成人式・美容院に挑んだ私を更新しました

2014/03/19
どこで売る?を更新しました

2014/03/19
古い=安い?を更新しました

2014/03/19
高値が付くポイントを更新しました

2014/03/19
高値が付くポイントを更新しました

2014/03/19
高値が付くポイントを更新しました

2014/03/19
買取可能な着物、不可能な着物を更新しました

2014/03/19
買い取りまでの流れを更新しました

2014/03/19
知って得する着物買取術を更新しました

Menu

reccomend

上布(じょうふ)
上布(じょうふ)
上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などの産地があります。 細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品として知られています。

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。 紬よりざっくりした風合いは民芸的な雰囲気で、福岡県の久留米絣(くるめがすり)、鳥取県の弓ケ浜絣(ゆみがはまがすり)、岡山県の作州絣(さくしゅうがすり)、愛媛県の伊予絣(いよがすり)などが有名で、藍染めに白の絣がとても魅力的な着物です。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。 浴衣は、中型の型紙を用いて藍染めしたことから別名、「中型」ともよばれます。